MENU

【痛風】こんな症状には要注意!痛風はコレだけで予防できる!

痛風は特に男性の場合はかなりの確率でなってしまいやすい生活習慣病です。

 

風が吹いても痛いというのが名前の由来というくらい、痛みに特徴のある病気です。

 

このサイトでは、痛風の予防方法などについて詳しく紹介します。

 

痛風の初期症状と痛み

痛風の初期症状として、足の親指などに激痛が走る場合には、痛風の可能性があります。

 

血液中に尿酸が溜まり、関節痛を起こすため、かなりの激痛が走るのが特徴といわれています。

 

痛風の予防方法

予防をするためには、運動不足を解消することから始めるといいでしょう。

 

肥満体型の場合には、痛風の症状が出やすい傾向があります。

 

そのため、肥満を解消、または予防することは痛風を予防することにもつながります。

 

肥満を解消、予防するためには、適度な運動を継続することが重要です。

 

しかし、運動が苦手な場合やほとんど運動をしてこなかった方の場合には、いきなり激しい運動をしてしまうと、体を痛めてしまうこともあります。運動をすることは重要なことですが、体の負担なども考えながら、適度な運動を心がけていきましょう。

 

最初は軽くウォーキングから始めて、筋力と体力を養いましょう。慣れてきたらランニングなどをして徐々に運動量を増やしていくといいでしょう。

 

また、自宅にいる時でも、ストレッチなどをすることも大切です。

 

運動をする時に、体が硬い状態だと、怪我をしやすく筋肉の筋などを痛めてしまうこともあります。体の柔軟性を養うためにも、定期的にストレッチを行い、体をほぐすようにしましょう。

 

痛風予防には食事も重要

また、痛風予防のためには、食事も重要です。

 

暴飲暴食をしている場合や、味付けの濃い食事をしている場合には、食事内容を改善していくことが大切です。

 

また、お酒などを頻繁に飲み、飲む量が多い場合も注意が必要です。

 

食生活が乱れていることでも、症状がでやすいため、できるだけ栄養バランスのとれた食事、また、お酒の量も適量を心がけていきましょう。

 

食生活の乱れを改善せずにいると、糖尿病やその他にもさまざまな病気、または体調不良の原因にもなります。

 

適度な運動をしたり、食生活を改善することで、自身の健康のためにもなるので、できる範囲内から徐々に改善していきましょう。

 

痛風の原因はストレスの可能性も!

基本的には食生活などが主な原因ですが、最近ではストレスが原因で痛風になる人も多いです。

 

なので、ストレスを溜めないようにすることも大切です。
ストレスがたまってしまうことでも、痛風になりやすい傾向があるといわれています。

 

ストレスは誰しも抱えているものですが、適度にストレスが発散できるように生活環境を改善していきましょう。
休日には、リラックスできる環境をつくり、心身共に休める状態を保つことも大切です。